コラム

【なりたい自分】為せば成る

為せば成る、為さねば成らぬ何事も
為さぬは人のなさぬなりけり(上杉鷹山)

米沢藩藩主の上杉鷹山。藩は関ヶ原の戦いで石田三成側に
ついたため、戦後は石高を大幅に減らされ、藩存続の窮地に
追いやられたとき、家臣に詠んだものです。
それまでの慣習をすべて見直し、財政を立て直した。
あのJ・F・ケネディ大統領が尊敬する日本人として
名を挙げられたことでも有名ですね。

 

スポンサーリンク

 

やってないだけ

どうせ無理!からは何も生まれないのと同じく、
出来ん!と決めてしまえば、それは出来んのである。
そう決めつけるのは、他でもなく自分。
自分が自分に期待せず、卑下する。
宇宙ほどの可能性をもってうまれてくるのに
浅い経験値の中から、自分というものの可能性を
限りなく小さなものにしてしまうのです。

やればできる!こんなもんじゃない!あんたはすごい!
こんな言葉を投げかけられたからと言って
そうそう簡単にできるもんじゃない。。←ココです。
そんな簡単にできないよ、
頑張ったけどだめだったよ、
あの人は才能が有るけど、私にはないから。。
じつは常に自分の限界は自分が設定しているのです。

誰も簡単だとは言っていない、為せば成るといっているだけ。
オリンピック選手の特集をみていると
想像を絶するタイムスケジュールですよね。
あのランクまでいくと、最早努力の差だとも思えませんが。
恐らく、そもそもの基準値がちがうんですね。

ものさしが違う。
自分のこんなにと、相手のこんなにの内容が違う。
こどもが両手いっぱい広げて言う「こーんなに好き」と、
ママが優しい眼差しでいう「こーんなに好き」は
やっぱり違いますよね。

スポンサーリンク

 

となりの芝は青い

自分はこんなに頑張ってるのに何故できないの?
なんであの子はできるの?
あのこはすごいよ、いいな、私と何が違う?嫉妬・・

この時点で、どこまで「あの子」について知っているのか。
あの子の努力、集中力、タイムスケジュール、環境など。
多分自分と同じ土俵に乗せて嫉妬しているだけ。
でも「あの子」は既に同じ土俵にいないのかもしれないし。
そう、何も知らないくせにすごく輝いて見える。
本当のところはわからないのに、
勝手に想像して、勝手に嫉妬してる。
一人相撲ですね。

結婚した時、子供が生まれたとき、
親しい友達は「幸せじゃん、いいな、うらやましい!」と。
結婚=幸せ。出産=幸せ。の定規を持ってるから自然な感想です。
でも実際は人の数だけ物語があり、
そもそも幸せの基準もそれぞれですよね。

この時、結婚=不自由のものさしを持つ別の友達は
「そうかな」と言っていたのを思い出します。
あの頃のわたしも、自由な行動、自由な言動をしている彼女達の方が
羨ましかったものです。
自分の居場所を見ずして、塀から顔半分だけ出して、
常に他人の表層部分ばかり見ていると、自分の大切なものが何かを見失います。
見るべき先は外ではなく内。

自分には、ないないと思っている物は、実はずっと握りしめているものだったりするんです。

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. コラム

    【なりたい自分】情熱は後からついてくる

    ~夢中で日を過ごしておればいつかわかる時が来る(坂本龍馬)~&…

  2. コラム

    【なりたい自分】寛容

    国家は富むだけではいけない、また軍備を増強するだけでもいけない。…

  3. コラム

    【なりたい自分】言わせておけばいい

    謗る(そしる)ものは 汝の謗るに任せ嗤う者は 汝の嗤うに任せん。…

  4. コラム

    【なりたい自分】現状維持は退化と同じ

    ~百万の大群、恐るるに足らず。恐るるべきは、我ら、弱き民一人一人の…

  5. コラム

    【なりたい自分】夢なき者に理想なし

    ~夢なき者に理想なし理想なき者に計画なし計画なき者に実行なし…

  6. コラム

    【なりたい自分】無価値観からの脱出

    世人は首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時世はどう…

スポンサーリンク




  1. スポーツ

    膵臓がん 症状 治療は?星野仙一を襲った最も恐ろしい癌!球界からは悼む声続出
  2. ドラマ

    「anone(あのね)」第二話 感想!心にグッとくるセリフが溢れてる
  3. ニュース

    NHK受信料 裁判結果は合憲!受信契約は強制ではないけど裁判になったら負ける!…
  4. 事件・ニュース

    小川遥資(ようすけ) 顔画像 女子中学生にわいせつで怪我負わす!自分では制御でき…
  5. 話題

    かぼちゃの馬車 スマートデイズ破綻でサラリーマンが億のローンの返済できず!これは…
PAGE TOP