皇室ニュース

眞子様 小室家バッシングの黒幕は?悪意ある報道の背後にはナニが?

真子様と小室圭さんの婚約関連行事が延期されることが発表されました。その裏には、恐らく圭さんの母親である佳代さんの事情のようですが、一人の女性が子供を育て生きていくために必死だった美談にでも出来る話である。なのに、週刊誌はひどく悪意ある書き方をしている。皇室の結婚を無くすことが目的だとしたら、いったい得するのは誰?ネットでは政治に関係しているようですが、若い二人の結婚を政治利用されるとしたら、許せないですね。どんな背景が考えられるのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

小室家バッシングの裏側とは

 嫌な感じが拭えない。秋篠宮家の眞子さまの結婚をめぐって、婚約者である小室圭さんの家庭をめぐるバッシングが週刊誌で相次いでいる。皇室タブーを打ち破る試みであれば賛同するところだが、どうも一連のバッシングはその逆であるように見えてならない。

今回の一連の報道のきっかけは『週刊女性』12月26日号「眞子さま嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超“借金トラブル”」だった。「借金トラブル」とは、小室圭さんの母親に対して、彼女の元婚約者男性が、婚約解消を機に、それまでに渡したお金を返してほしいと言っているという話だ。男性は貸した金だというのだが、小室さん母子は借りたものではないと主張しているらしい。

婚約していた時期には男性は小室母子と家族同然の関係で、彼は圭さんの留学費用などを出していたらしい。圭さんは小さい頃父親を亡くし、母子家庭で育ってきた。決して裕福ではなかったのだろう。

週刊女性は表紙にも大々的に
貧しい中で息子を育て、その子が成長して皇族を嫁に迎える。書き方によっては美談になるところだが、この間の週刊誌報道はほとんど、小室家が貧しいことをネガティブに伝えるものだ。しかも元婚約者から小室家にお金がいつ幾ら渡されたか詳細に公開している。『週刊女性』には銀行振り込みの明細まで掲載されていた。

そして結納に当たる「納采の儀」が迫ってきたこの時期、『週刊文春』2月1日号「秋篠宮家眞子さま婚約者小室圭さんの憂い」、『週刊新潮』2月1日号「『海の王子』母親の430万円『援助交際』トラブル」と、同じ情報源によると思われる報道が続いている。

気になるのは、そうした報道が、もっぱら小室家は眞子さまの嫁ぎ先としてふさわしいのか疑問を呈するという印象になっていることだ。『週刊新潮』には、皇族の配偶者の家族にも品位が必要だというコメントも掲載されている。

しかも同誌の見出し「母親の430万円『援助交際』トラブル」には驚いてしまう。婚約していた時期に、その男性が母子のためにお金を出していたのを「援助交際」とは普通言わないだろう。相当な悪意が込められている。

もちろん直接的には、婚約を解消した男性から情報を得ているため、情報源に引っ張られて圭さん母子に批判的になっているのだが、どうもそれだけではないような気もする。つまり、一連の報道には、皇室の尊厳を重んじる保守的な立場からの、この結婚に反対する意思が反映されているように思えてならないのだ。

それは今回の報道に限らず、小室圭さんの存在が明らかになってすぐの時点から、小室家が母子家庭で貧乏であることや、圭さんの父親の死が自殺だったらしいといったことが次々と報じられるに至っている。つまり小室家は皇族との結婚にふさわしいのか、という見方が一貫して見え隠れしているのだ。

そうした流れに逆張りの報道を行ったのは『女性セブン』2月8日号「眞子さまの結婚 抵抗勢力の蠢き」だ。宮内庁周辺の一部に、結婚に反対する人たちがいて、その思惑が働いているという見方が指摘され、そうした皇室保守派の立場を「抵抗勢力」と呼んでいるのだ。

そもそも皇太子一家が公務よりも家族を大事にしているといった批判を週刊誌が一貫して投げつけてきたのも、皇室の尊厳を叫ぶ人たちの意思が反映されていたと考えるべきだろう。もともと皇室報道についていえば、皇室スキャンダルふうの報道を行っても、皇室の尊厳を重んじる立場から現状に苦言を呈しているのだと言えば、ある程度許容されてしまう空気があった。週刊誌などの雅子妃や皇太子批判のスタンスは基本的にそれだ。

一連の小室家バッシングはどう見ても、皇族を一段上に置く立場から小室家を批判しているものだ。皇室周辺のいずれかに、この結婚に反対している人がいるのだろう。

一部報道では既に結婚は延期になるのではと観測をあげているものもある。別に小室家や眞子さまに同情するのではないのだが、一連のバッシング報道にはどうも嫌な感じがつきまとって離れないのだ。この結婚、いったいどうなるのだろうか。
(引用:Yahooニュース 篠田博之月刊『創』編集長)

素人目で見ても嫌な感じがします。
なぜこんなにボロボロとあからさまに、当人しか知らない内容が出回るのか、
その内容をこうまで嫌な感じに伝えられるのか・・・政治?

 

 

スポンサーリンク

 

眞子様と小室さんのコメント全文

私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、二人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました。

これまでのことを振り返ってみたいと思います。

昨年5月、予期せぬ時期に婚約報道がなされました。

このことに私たちは困惑いたしましたが、結婚の意思を固めていたことから、曖昧な状態を長引かせない方がよいとの判断をし、当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました。

婚約の内定発表に際しては、多くの方々がお祝いのお気持ちを寄せてくださったことを大変有り難く思っております。

その後、昨年11月には、それ以降の諸行事の予定を立て、発表いたしました。しかし、色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました。

今、私たちは、結婚という人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております。

そして、そのために二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております。本来であれば婚約内定の発表をするまでにその次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶わなかったのは私たちの未熟さゆえであると反省するばかりです。

これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました。

一度決めた予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております。私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。

両陛下は、私たち二人の気持ちを尊重してくださいました。

私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。

あちこちにスパイがいるかのようですね。
負けないで愛を貫いてほしいです!

≪関連記事≫
眞子様 婚約破棄の可能性は?婚約行事は異例の延期 小室家を脅かす思惑とは
 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

  1. 皇室ニュース

    眞子様 小室圭さん 婚約破棄の可能性も?母親を脅かすバッシングとは?

    真子様と、婚約者の小室圭さんの婚約関連行事が異例の延期にするとの発表が…

スポンサーリンク




  1. ニュース

    戸高圭一(画像) 母(三千代) わいせつ行為生中継配信で2億!インスタにタワーマ…
  2. コラム

    【なりたい自分】なりたい自分がわからない
  3. ニュース

    和田竜人 松岡伸矢くんと別人 DNA鑑定見送り!北澤ひさしさんが有力か?
  4. ニュース

    山田千賀子 自宅に資産隠し!てるみくらぶ返金はクレジットカード会社が対応 現金払…
  5. 政治

    赤木俊夫(近畿財務局職員) 自殺は証拠隠滅か?ロッキード事件を思い出さずにはいら…
PAGE TOP