事件・ニュース

小島一朗(顔画像) 精神科入院 家出 斧で無差別殺傷!逃げ場のない車内での地獄絵図

東海道新幹線の車内で無差別殺傷事件が起きました。犯人は愛知県岡崎市に住む小島一朗容疑者(22歳)です。この事件で30代の男性が亡くなり、2人の女性も重傷を負っています。小島容疑者はこれまで精神科に入院をしており、「自由になりたい」といって旅に出た矢先だったということです。逃げ場のない車内で近くにいた乗客の方たちはどれだけ恐怖を感じたのか計り知れません。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

犯人のズボンには生々しい血痕が付着しています。

 

9日午後9時50分ごろ、神奈川県内を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」(16両編成)内の男性乗客から「包丁を持った男がいる。1人がけがをしている」との110番があった。新幹線は緊急に小田原駅で停車し、駆けつけた県警小田原署の署員が、切りつけたとみられる男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。3人が刺されて小田原市内の病院に運ばれ、男性1人が首の右側を切られて死亡し、20代とみられる女性2人が頭や肩に重傷を負った。(毎日新聞)

 

容疑者:小島一朗

年齢:22歳

住所:愛知県岡崎市蓑川町

職業:無職

供述:「むしゃくしゃしてやった」「誰でもよかった」

 

【目撃者の話】

「キャー、キャーというただ事ではない悲鳴が聞こえた。後ろを振り返ったら男性2人がもみあっていて、刃物で切りつけていた。あたりは血の海になっていた」

「切りつけていた男は眼鏡を掛けていておとなしい感じの風貌でした。通路に倒れこんだ男性に対し、馬乗りになって延々と刃物を振り下ろしていました。倒れた男性はぐったりとしていましたが、それでもめった切りにしていました。血の海がべったりと通路に広がっていました」

「同じ車両に乗り合わせた女性の中には、今も震えが止まらなかったり、泣いたりしている人がいます」

まさに地獄絵図です・・・

 

スポンサーリンク

 

精神科に入院していた

小島容疑者の祖母の話によると、容疑者は市内の病院の精神科に一時入院し、「自由に生きたい。それが許されないなら死にたい」などと話していた。今年1月に「旅に出る」と言って自宅を出ていたという。

 

自由に生きたいのなら、どこか山奥にでもひとり籠ればいい!なぜ自由になりたいっていうことと、人を傷つけることがイコールなのか憤りを感じてなりません。
誰でもよかったのなら自分に向ければいい!自由になれない理由を人のせいにする、なんとも身勝手なやつです。

2015年にも新幹線車内で自ら灯油をかぶって焼身自殺をした身勝手な事件がありましたね。

時間的にも寝ている人も多かったかもしれません。逃げ場のない車内でいったい何が起こったのかすぐには理解できないでしょう。
目撃してしまった人たちは本当に恐怖だったと想像します。

 

県警などによると、現場には少なくとも2本の刃物があった。1本は容疑者が手に持っており、もう1本は床に落ちていたという。
一方、死亡したのは大阪市内の会社に勤務する男性とみられる。

仕事の帰りだったのでしょうか・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

秋葉原事件から10年も経ったかと思えばまたこういう事件か…
ストーカー、暴走運転、幼女殺害、虐待死、そして通り魔…
こいつらって、テレビで他人のしたこと見て、反面教師にするどころか、自分も感化されてわざとやってるんじゃないかって思う程繰り返されるな…
そしてこいつらをまた精神鑑定やら弁護。減刑、出所…また事件..

よく使うだけに自分だったらどうするか考えたが、狭いしあの通路だし、デッキに出られたとしても出口側の人だけだろう。逃げられないと思った。
時間的にうたた寝してる人もいただろうし、ライブ帰りの人もいたとツイッターで見た。せっかく楽しかったのになんて事だろう…。
殺意は確実にあっただろう。裁判でコスい手つかわないでほしい

 

【専門家のコメント】

「むしゃくしゃして」は、凶器を用意し殺害を考える動機としては、常識的には考えられないことでしょう。

今までの犯罪例では、犯行のしばらく前から人生が上手くいかなくなり、自己否定の思いが高まり、さらに社会全体を否定する思いが強くなります。そのような自暴自棄の思いでの生活が続く中、何かのきっかけでイライラが極度に高まって犯行に到った時に、彼らはしばしば「むしゃくしゃしてやった」と表現します。

「誰でもいいから殺したかった」などと無差別で多数の人に危害を加える人は、すでに自分の人生や生活も大切にできなくなっています。だから、大勢の目撃者の前で犯行を実行し逃亡も考えません。

列車内テロは現実的な脅威として国土交通省も対策を考えてはいるのですが、個人による突発的な犯罪は、組織的テロ以上に防止が難しい面があります。本当は、若者が希望を持てる社会にすることが、テロや個人犯罪の防止につながるのですが。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 事件・ニュース

    小林遼(顔画像) 前科(わいせつ)あり 電気工事士の裏の顔!少年Aとの類似点がみえる

    新潟 女児殺害事件の容疑者が捕まりました。被害者の大桃珠生ちゃん(7歳…

  2. 事件・ニュース

    さいたま市 平野すみれ 次女を道連れに無理心中!なぜ長女は遺されたのか

    さいたま市南区辻2丁目のアパートで母親の平野すみれさん(36)と次女(…

  3. 事件・ニュース

    青森むつ市 18歳母親の孤独は誰が救えたか?2歳息子を絞殺の悲劇 自分の親はいない?

    青森むつ市で、18歳の母親が、2歳の息子の首を絞め死亡させてしまいまし…

  4. 事件・ニュース

    新庄宏之 嫁 子供は?わいせつ目的で女性暴行!被害者を装った犯人は上司だった!

    滋賀県大津市の、「ハーネスト唐崎」で、職員女性が切り付けられた。犯人は…

  5. 事件・ニュース

    岡部容都子(画像) 息子の彼女に売春させる!タバコの火を押し付け「殺すぞ」と脅迫 おにぎり1日1個だ…

    家出をしてきた息子の彼女を一緒に住まわせ、タバコの火を押し当て「殺すぞ…

  6. 事件・ニュース

    小林大介(豊橋) 動機は「母親への暴力」だった! 凶器はハンマー、電動のこぎりで遺体損壊の疑いもあり…

    小林大介という名前の人はとても多いですね。この豊橋でおきた父親遺体遺棄…

スポンサーリンク




  1. コラム

    【なりたい自分】罪深い傍観者たち
  2. 事件・ニュース

    青森むつ市 18歳母親の孤独は誰が救えたか?2歳息子を絞殺の悲劇 自分の親はいな…
  3. 芸能人・タレント

    SHIHO 娘サランへの叱らない子育てで大炎上!ただのネグレクトじゃねーか!懺悔…
  4. 芸能人・タレント

    小室哲哉 看護師(画像)と不倫に寛容な声が多いのはナゼ?介護家族の苦悩は計り知れ…
  5. コラム

    【なりたい自分】勇気
PAGE TOP