事件・ニュース

小林遼(はるか) ロリコンオタクに連れ回し前科あり!サイコパスにはGPSを まだまだ安心できない不審者情報!

新潟女児殺害事件で逮捕された小林遼容疑者。テレビにうつる姿は、少し笑ってるようにも見える不気味さがありました。たまきちゃんが訴えていたサングラスの黒服40代ではなく、ごくごく普通の近所に住む青年だったのだけど、逮捕されたから安心かと言えばそうじゃないですよね。今回の事件で明らかになった「不審者情報」の多さには辟易します。どうやって我が子を守ったらいいのか、最早わかりません。親、先生、PTA、地域住民が子供につきっきりになるのではなく、もうこういう犯罪者にはGPS装置を強制的に埋め込んでほしい。そのくらい更生は見込めないのですから。

 

スポンサーリンク

 

サイコパス小林遼の更生は見込めないのでは?

 

殺めただけではない、遺体を電車に轢かせたんです。
そんなことを考えられる人間です。痛みを感じないサイコパスです。
つい先月には女子中学生を連れまわした容疑で書類送検されています。
今回の事件でエスカレートしているのがわかります。

 

小林容疑者の高校時代の同級生だという男性は「高校時代は3年間、同じクラスで、逮捕されたことに驚いている。当時はアニメが好きな友達と仲がよかった印象で、授業中にちゃかすなど幼いところがあった。ずっと市内の会社に勤めていると聞いているが、高校を卒業してからは会っていない」と話していました。

小中学校の同級生だという男性はツイッターを通じたNHKの取材に対し、中学校の時にはバスケットボール部に所属していたとしたうえで、「中学校の時にバスケ部に所属し、何事にも一生懸命で仲間思いな性格でした。友人も多く、信頼されていて、彼が逮捕されて驚いています」というメッセージを寄せました。

 

気を付けましょうって言ったって、気を付けようがないです。わかんないですから。
だったら小児愛者に限っては、GPSを埋め込むしかないです!死ぬまで監視してほしい!

 

 

スポンサーリンク

 

サングラス黒服はまだそこにいるかも


(引用:産経新聞)

まだまだ安心できませんし、模倣犯も出てくるかもしれない。
警察、地域で見守るには限界があります。
最近では防犯カメラが活躍していますが、
それは事件後ですよね。
未然に防ぐ対策をしなければ、どうにもなりません。

地域で登下校を見守ってと言っても、
今では夫婦共働きが多数です。
限界がありますよね。

もっともっとお年寄りが出てほしいです。
少子化高齢化社会の強みは、一人の子供を見守る目が増えるということだと
思いたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事

  1. 事件・ニュース

    小田求(元千葉市議) 顔画像 Facebook特定 精神鑑定は?辞職の原因は父親殴打事件!

    母の日、賑わうお店の中、家族団らん・・・どこにでもある風景が、突然真っ…

  2. 事件・ニュース

    青森むつ市 18歳母親の孤独は誰が救えたか?2歳息子を絞殺の悲劇 自分の親はいない?

    青森むつ市で、18歳の母親が、2歳の息子の首を絞め死亡させてしまいまし…

  3. 事件・ニュース

    小林大介(豊橋) 動機は「母親への暴力」だった! 凶器はハンマー、電動のこぎりで遺体損壊の疑いもあり…

    小林大介という名前の人はとても多いですね。この豊橋でおきた父親遺体遺棄…

  4. 事件・ニュース

    北九州市 教師「スイッチが入ったから」男児に蹴り! 体調不良の児童を失神させ鼻の骨折る!

    休み時間、体調不良のため保健室で検温中の男児に、教室へ戻るよう促したが…

  5. 事件・ニュース

    佐久間義明 所沢親子との関係は?謎が多い関係性が気になる

    埼玉・所沢でおきた親子殺人事件の容疑者が2人逮捕されました。佐久間義明…

  6. 事件・ニュース

    明智洋平 画像Facebookは? 女子高生に強制わいせつ&自転車泥棒の警察官 余罪ありそ…

    なんと警察官が、自転車を盗み、その自転車で走行しながら物色し、目星をつ…

スポンサーリンク




  1. 事故・ニュース

    土屋弘満 ひき逃げで逮捕!処分 罪の重さはどれくらい?
  2. ニュース

    性器増大手術で男性器壊死 船橋の美容外科はどこ?2回目の整形のリスクは?
  3. 美容

    脂肪吸引(名古屋) 死亡との因果関係は?豊胸手術後に死亡した件も捜査中
  4. ニュース

    木下康雄 わいせつ宗教家 お祓いと称して犯行!ただのエロじじいじゃねーか!
  5. ドラマ

    坂元裕二脚本「anone」第一話感想!「Mother」「Woman」に続く現代社…
PAGE TOP