ニュース

福田淳一務次官 経歴すごい婿殿はただのエロじじぃ!テレ朝女性記者のリベンジ大成功!

何とも恥ずかしい音声テープが世に出回り、「俺の声か?」「覚えがない」「相手の女性を知らない」などとかわしていたので、もしや美人局?ハニートラップ?とも思いましたが、このセクハラ被害者はれっきとした記者であり、テレビ朝日の社員だと判明しました。途切れ音声も専門家が分析したところ、編集の跡は見られなかったということです。ということは、本当にパワハラでありセクハラであり、ただの女性蔑視ジジイだったということでしょうか?すんごい経歴をおもちなのに残念ですね。

 

スポンサーリンク

 

福田淳一事務次官の経歴

出身地:岡山県
出身校:神奈川県立湘南高校⇒東京大学法学部
1982年:大蔵省入省

元文部事務次官の娘とお見合い結婚。紹介者は元大蔵事務次官。
森友学園問題では、同期入省の佐川宣寿元国税庁長官に聴取を行っていた方です。
だから記者も福田事務次官から聞き出したかったんですね。なのに・・・
新潮によると、福田氏は財務省担当の複数の女性記者を飲みに誘っては、「ホテル行こう」「彼氏はいるの」などと口説きまくっているそうです。

セクハラ被害者はテレ朝女性記者だった!

東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。

週刊新潮への音声の提供に関して謝礼は一切ないということです。
なぜ自社記事にせず、週刊誌に提供したんでしょう。

 

当初、女性記者は上司に相談したということですが、対応がグダグダだったんですね。そして新潮に渡った。
この時の対応を会社側は反省していました。

相談を受けたときにどういう対応ができたかは今お答えするのは難しいですが、さまざまあったと思います。報道するなり、抗議するなり。検討する必要があったと思います。

昨日行って、昨日被害に遭ったというわけではなく、長きにわたって取材をし、何度も足を運んでいたわけですよね。なんか同情は出来ないような・・

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

官僚どもは何のために高等教育を受けたんだか。
社会人になったら真面目になるというマイルドヤンキーより遥かに徳が低いんじゃないか
マスコミも同様だが。

女性記者らがセクハラを受けるとわかっていながら、呼び出しに応じて10回以上出掛けていたのは受け入れていたのに等しい
仕事上仕方なかったというなら、トラップを仕掛けたことになり被害者面すべきでない
これが痴漢だったら、被害者の認定は難しいのではないか
フザケンナよ

本人はセクハラ被害を訴えてたのに配置転換もしないで1年半も付き合わされてたのは上からの命令としか考えにくいんだけどね。これパワハラでしょ?

テレ朝としては、財務省では、男性記者に置き換えないと、本音が聞けなくなるし、他の官庁にもそれが広がる可能性があるな

 

テレ朝の対応への批判も多いですね。確かに福田事務次官が無類の女性好きで、しょっちゅう飲みに誘い、スケベ―な言葉を連発していることは
記者の間では周知だったはず。それでも1年もの間に何度も出向いていって・・・会社命令なのか?なんとなく一般の人がうけているセクハラと一緒にしてはいけない気がしますね。
野党がでかい声で連発している「セカンドレイプだー!」もなんだかな~。子供に聞かせたくない・・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. ニュース

    筒井麻衣(画像) 松本匠吾 大倉敏弥 4歳児虐待死!何度もSOS なぜ救えない?

    世間の子供たちが、サンタさんからのプレゼントを待ちわびる夢の中、歩夢く…

  2. ニュース

    山田千賀子 自宅に資産隠し!てるみくらぶ返金はクレジットカード会社が対応 現金払いはどうなる?

    破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」社長、山田千賀子が自宅に、約70…

  3. ニュース

    コメット歯科クリニック(岐阜) 副院長どうする マタハラ裁判負け!外観はシンデレラ城みたいだけど口コ…

    マタハラ(マタニティ・ハラスメント)裁判による判決が出ました。うつ病の…

  4. ニュース

    木下康雄 わいせつ宗教家 お祓いと称して犯行!ただのエロじじいじゃねーか!

    お祓いと称して、女性の胸を触る行為をした宗教家って、もはや宗教家ではな…

  5. ニュース

    五頭(ごず)連山 遭難の渋谷甲哉さん空君はどこに!相談はするも捜索依頼を躊躇してしまう理由

    新潟県阿賀野市の五頭連山へ、父親と小学1年生の息子が登山に出掛けたまま…

  6. ニュース

    羽生善治 嫁 畠田理恵(画像)と円満?美少女の今!「永世7冠」達成☆祝福の嵐にリツイートで大忙し!

    挑戦者の羽生善治棋聖(47)が、前人未踏の「永世7冠」を達成した。嫁の…

スポンサーリンク




  1. 平昌オリンピック

    葛西紀明 言い訳から見える人間性!現役続行に「待った」の声が多い理由
  2. ニュース

    和田竜人 DNA採取見送りはなぜ?なにか不都合なことが起こったのか!
  3. DV・虐待

    太田桃子 DV耐えられず夫を殺害!その時義父は?何度も警察へ相談するも出口なく …
  4. 事件・ニュース

    小島一朗(顔画像) 精神科入院 家出 斧で無差別殺傷!逃げ場のない車内での地獄絵…
  5. ニュース

    堺市堺区 ドラム式洗濯機事故 5歳児死因は窒息か?閉じ込め事故 防止対策は(動画…
PAGE TOP